フェイシャルエステに行くときのメイク・コンタクトについて


フェイシャルエステではまずクレンジングを行い、洗顔を行い、実際フェイシャルエステの施術に入っていくことになります。
そのため、フェイシャルエステに行くからメイクをしてはいけないということはありません。
フェイシャルエステを終えたのちには、ちゃんとメイクルームが用意されていることが多くなりますので、自分が普段使っているメイク道具を持ち込んでメイクをすることが出来ますよ。
また、化粧品メーカーなどで運営しているフェイシャルエステの場合には、そのメーカーの最新メイクアイテムが用意されているケースもありますので、あえてメイク道具を持ち込まないで、新しいメイクアイテムを試してみるということもおすすめです。
コンタクトレンズについては、装着していく場合には、コンタクトレンズケースなどを持参して、フェイシャルエステの最中には外すようにします。
また途中お肌の状態をチェックすることもありますので、メガネを持参して行くと便利です。
コンタクトレンズを装着したままフェイシャルエステの施術をしてもらうと、レンズで眼を傷つけてしまう危険性がありますので避けるようにしましょう。